Proxy経由でAndroid Studioを使う

Android Studioが今年のGoogle I/Oで発表されてから随分経ちましたね。
当初はVer0.1ですが現在は0.3.6までバージョンアップしてきました。

最初のプロジェクトを生成する時に、色々ネット経由でダウンロードしてやっと使えるようになるようです。
個人で使う分には何の問題もないのですが、会社でProxy経由で使おうとすると最初のプロジェクト生成時に以下のメッセージが表示されてビルドに失敗します。

Could not GET 'http://repo1.maven.org/maven2/com/android/tools/build/gradle'. Received stats code 407 from server: Proxy Authentication Required

画像


設定画面でProxyの設定もしてますし、設定画面で「http://repo1.maven.org」を入力してCheck connectionを実行して問題ありません。

検索してみると、ISSUEとして上がっているみたいです。
https://code.google.com/p/android/issues/detail?id=56354

上記のところに
Seems that the proxy settings are ignored:
という記述があります。Proxyのセッティングが無視されているようだと。

バグ?で無視されてるなら、強制的に設定できないかなと
「gradle propeties proxy」くらいで検索するとヒットしますね。
http://d.hatena.ne.jp/hirosemi/20121101/1351735307
http://qiita.com/yamap_55/items/72714cc1b485a4aeff88

この辺の情報を参考に以下の設定ファイル「gradle.properties」というファイルを作成して
C:\Users\ユーザ名\.gradleの下に置いたらエラーが消えて問題なくプロジェクトのビルドが出来ました。
----gradle.propertiesのサンプル-----
systemProp.http.proxyHost=proxy.hoge
systemProp.http.proxyPort=8080
systemProp.http.proxyUser=userid
systemProp.http.proxyPassword=password
systemProp.https.proxyHost=proxy.hoge
systemProp.https.proxyPort=8080
systemProp.https.proxyUser=userid
systemProp.https.proxyPassword=password

ということで、会社でも開発できそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック